KURS(コース) /
近畿生コン関連協議会

トピック

KURS/結からのお知らせ

KURS/結からのお知らせ

  1. 2020年 年頭のごあいさつ

2020.01.31

2020年 年頭のごあいさつ

「結」編集委員会 編集長 岡元貞道

「結」編集委員会 編集長 岡元貞道

将来を見据えた、希望の持てる業界・労使関係へ

皆様にはさわやかな新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

さて、新たな集団的労使関係を発展させ、構築していくための業界誌「結」(2018年6月25日創刊)も、当初の雑誌版からWEB版へ移行し、WEB「結」の開設へと発展させています。そのなかで、いま取り組んでいるテーマは、<生コンワーカー>の標準的なワーク(仕事)を、新人研修用ビデオマニュアル・ダイジェスト版『生コンワーカーの仕事』として完成させYouTubeにもアップ、さらに現在は詳細版の作成に取り組んでいます。また、連帯労組関西地区生コン支部が反社会的勢力であるという実態を暴き、周知させるため、独占連載シリーズ『偽装労組』として連続掲載しています。このような動きによって、近畿圏におけるセメント生コン業界全体のイメージアップ・発展の、一翼を担いたいと考えています。

昭和は遠きになりにけり――時代は平成から令和へ、新たな時代の幕開けとなり、KURS(コース=近畿生コン関連協議会)も、発足から2年が経過しました。複雑で不透明な時代に、労働組合の存在意義・目的をしっかり定めてその価値を深堀していく。単独労組でやれることには限界があり、関係労組・関係諸団体とのパートナーシップを拡げていきたいと思います。そのためにも俺が、俺がの自分ファースト意識とは決別して、昨年末、日本中に感動を与えてくれたラグビー日本代表のように、全員が<ワン・チーム>となって、未来志向の企画で前進していきたいと考えています。

一般社団法人・西日本建設関連オーナー会をはじめ関係各位の皆様には、平素よりひとかたならぬご厚誼にあずかり「結」編集部一同、厚くお礼申し上げます。引き続きのご支援ご協力をお願いいたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

2020年1月31日
「結」編集委員会 編集長 岡元貞道

協賛団体

PAGE TOP