KURS(コース) /
近畿生コン関連協議会

未分類

  1. 「結」発刊にあたってのご挨拶 【本多 裕重】

2018.06.25

「結」発刊にあたってのご挨拶 【本多 裕重】

広報誌「結」(YUI)発刊にあたり、建交労関西支部を代表しましてご挨拶申し上げます。

私たちが、近畿生コン関連協議会を発足するに当たり、昨年12月に起こった連帯労組によるストライキと称した一連の行動があり、このことは08年春闘の解決後に「輸送運賃の引き上げ」を求め一方的に建交労職場に動員をかけ、今回と同じような行動を強行してきたのです。私どもが2009年8月に発行した「労働組合の本筋からそれないこと-セメント生コン業界の改革に偽装労組はいらない-」でも明らかにしていた連帯労組の本質(暴力・利権集団)が何ら変わらないことから、袂を分けたものであります。

こうした中でも、労働組合としてセメント・生コン業界の正常化に向けての取り組みは必要であります。建交労は中小企業方針として一致する要求での「共存・共闘」労使がお互いのおかれている立場を理解し、公正・公平なルールに基づき、一致する要求と行動で影響力と実利の獲得を目指すものであります。そのためにも、お互いがコンプライアンスの遵守を果たし、自主性・信頼関係・主体性を尊重し努力することにあります。こうしたことが、セメント・生コン業界の発展・中小企業の経営安定・労働者の雇用安定と条件向上に繋がるものとなります。建交労関西支部は努力を惜しまず近畿生コン関連協議会の仲間とともに取り組むものであります。

本誌「結」(YUI)ではセメント・生コン業界ならびに関連する業種の労働者・中小企業経営に光があたるものと願っています。

全日本建設交運 一般労働組合関西支部 執行委員長 本多 裕重

協賛団体

PAGE TOP